AGAについて

義則です。今回はAGAについて少しお話をしようと思います。

AGAって聞くと髪の毛がなくなるとかハゲて薄くなるってイメージの人もいると思いますけど、それは合っているようで少しだけ違います。AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症って言われますが、毛がなくなるわけではありません。薄く、細くなってしまう為、毛がなくなったように見えてしまう症状の事です。つまりは毛包や毛根が完全に死んでしまってるわけではありません。毛包が生きていれば毛を再生させることはできます。

そこでまずは病院で検査をしてもらい、外用薬や内服薬を服用して治療をしていきましょう!この内服薬は前立腺肥大症とか前立腺がんの治療のために開発された物なんですが、服用していた患者さんの中に「毛髪が濃くなった」という症状が出た為、そこから研究が進んで、AGA治療薬として開発されたんです。

その為、今薄毛で悩んでる人がもしAGAであっても諦めない事が大事だと僕は思います。変に育毛剤とかを使用してしまって、毛包や毛根にダメージを与えてしまう可能性があるので一度やはり病院に相談に行くことをおすすめしますかね。有効な治療法があれば復活する可能性はあるんです。

薄毛のプロ、ブログで発信します。

愛知県名古屋市在住の義則です。

僕は仕事で毎日たくさんの薄毛に悩む人の為に相談にのってきました。理由はたくさんありますけど、代表的に多いのは遺伝だと思ってる人が多いことです。確かに遺伝もあります。

でも、決してそれだけじゃないんです。遺伝性の薄毛はいわゆる男性型脱毛症、AGAと呼ばれるものです。これは男性ホルモンのテストステロンと呼ばれる物が還元酵素5αリダクターゼによって活性化されることで、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンと言われる物が発生します

このジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体と言わるものが合わさることで、脱毛命令を出す成長抑制因子TGF-βが作られるんです。

そうなると、髪の毛を作っている毛乳頭に対して脱毛命令が出されて、毛母細胞が細胞分裂を止めてしまうので、髪の毛の成長が止まってしまいます。

5αリダクターゼの活性力とアンドロゲンレセプター(受容体)の感度が親から遺伝するものなんです。だからこそこの二つの働きを抑えられれば薄毛にはなりにくい、抑制ができるって事になるわけです。

ただし、これだけが薄毛の理由ではありません。ストレスで偏った栄養を取ってればそれも一つの原因になり得ます。

どれが原因かは実際診てもらうしかないので早めに病院に行くことをおすすめしますかね。