名古屋にも薄毛・AGA治療院はたくさんあります

愛知県名古屋市在住の義則です。

長年、日本では薄毛になったとしても現状維持すれば満足で薬で薄毛を治療するという概念はありませんでした。

時代は変わり、薄毛の方の中で育毛シャンプーを初めとして育毛トニック、育毛剤、育毛サプリ、育毛サロン、頭皮マッサージ、植毛、増毛にカツラといった方法が出てきましたが、なかなか根本的に薄毛は治らないという状況でした。そして治療をしないとどんどん進行していきます。

2005年の10月にようやくAGA治療薬として「フィナステリド」という成分がこの国で認可されました。欧米では1998年から既に発売が開始されています。日本国内でも「フィナステリド」という薬が認可された後に善良な教授やお医者様のお蔭で現在薄毛は治る時代へ到達したわけです。しかし現状日本では、AGAという言葉への親しみも信頼度もまだまだ低いと思います。

私は毛髪が増えると大半の方々は自信を取り戻し人生が好転した人をたくさん見てきました。恋愛がうまくいった。仕事がうまくいった。娘との関係が好転したなどです。薄毛に悩んでいる方は是非AGA治療院に通うことをオススメします。

愛知県にもたくさんのAGA治療院があります。代表的なところでAGAスキンクリニック、ガーデンクリニック名古屋院、湘南美容外科クリニック 名古屋院(AGAルネッサンスクリニック)、アイランドタワークリニック名古屋、名古屋中央クリニックなどです。

確かに、薄毛のコンプレックスにつけ込み多額の商品を売りつける商売が後を絶ちませんが薄毛は治るということだけは分かっていてほしいです。

AGAについて

義則です。今回はAGAについて少しお話をしようと思います。

AGAって聞くと髪の毛がなくなるとかハゲて薄くなるってイメージの人もいると思いますけど、それは合っているようで少しだけ違います。AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症って言われますが、毛がなくなるわけではありません。薄く、細くなってしまう為、毛がなくなったように見えてしまう症状の事です。つまりは毛包や毛根が完全に死んでしまってるわけではありません。毛包が生きていれば毛を再生させることはできます。

そこでまずは病院で検査をしてもらい、外用薬や内服薬を服用して治療をしていきましょう!この内服薬は前立腺肥大症とか前立腺がんの治療のために開発された物なんですが、服用していた患者さんの中に「毛髪が濃くなった」という症状が出た為、そこから研究が進んで、AGA治療薬として開発されたんです。

その為、今薄毛で悩んでる人がもしAGAであっても諦めない事が大事だと僕は思います。変に育毛剤とかを使用してしまって、毛包や毛根にダメージを与えてしまう可能性があるので一度やはり病院に相談に行くことをおすすめしますかね。有効な治療法があれば復活する可能性はあるんです。